このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの家の壁塗り替えの料金がスグにわかります。

壁塗り替えの一番の目的は外壁補修と家の補強です

壁の塗り替えと言うと色落ちや色褪せをした外壁を塗り替えて見栄えを良くするためと考えている方が多いのですが、実は一番の目的は一戸建ての建物を補強して長持ちさせることになります。

壁の下地に塗られた塗料には、断熱効果や遮熱効果や防水効果、さらには雨漏りや雨風から建物を守って腐食や劣化を防ぐという機能があります。気候や環境にもよりますが、5年から10年程度で塗料を塗りなおすことが必要で、不動産はメンテナンスをしっかり行うことで3倍長持ちします。

逆に定期的な塗り替えをしないまま放置しておくと、壁の防御機能が極端に落ちて、壁のサイディングボードにクラックと呼ばれるひび割れや腐食などが起きて本来必要のない作業と費用コストがかかってくることになります

壁塗り替えをするべき時期というのは外壁の品質や工法、さらには地域の気候によって大きく左右されますので○年ですと一概には言えませんが、新築してから5年を過ぎたあたりから意識し始めて築10年までには一度行っておきたいです。

壁塗り替えのタイミングをチェック!こんな壁は外壁補修が必要です

目安として以下の症状が出たら検討するのがオススメです。

■壁の汚れやカビ・藻が以前よりも目立つようになってきた

■外壁を触るとチョークのような白い粉がつくチョーキング現象が起きている

外壁が劣化すると汚れが目立つようになってきます。また、塗料の防水効果が落ちるとチョーキング現象が発生します。このまま放置しておくと塗料が剥がれたり、ヘアークラックやひび割れや腐食を起こして、塗り替えだけでなく補修作業も別途必要になってきますので、早目に対応しておきましょう。

もちろん、すでに壁のクラックやひび割れや腐食が起きている場合は一刻も早く塗り替えを行うべきです。

鉄筋コンクリートのRC造の建物にはクラックと呼ばれるひびが入ってしまうことは避けられません。その際はエポキシ樹脂注入工法などで改修していきます。

壁にサイディングが使われている場合、塗り替えの際にコーキング(シーリング)を打ち替えますが、コーキングは低・中・高のモジュラスがあります。戸建住宅の外壁には低モジュラスのコーキングが、壁が鉄筋コンクリートの建物には高モジュラスが適しています。シーリング剤と塗料の相性が悪いとブリード現象が発生して変色が起こってしまいます。

塗り替え前の下塗りも重要です。シーラー、プライマー、フィラーといった下塗り塗料を使用することで塗装面と上塗り塗料の付着を促すことが可能です。

代表的な塗料としてはアクリル塗料とウレタン塗料が挙げられます。耐用年数は品質によって5年から10年程度が目安になります。これらより耐用年数が長くなるのがシリコン塗料になりますが坪単価費用も高めになってきます。さらに最も長い耐用年数で高価な塗料としてはフッ素塗料が挙げられます。

壁塗り替えの費用の相場としては50万円から150万円と幅が大きいです。

料金は使用する塗料や壁の面積、サイディングやモルタルや漆喰、砂壁等の壁の材質、下塗りや上塗りや足場、養生などの作業方法、さらには壁の修繕に使用するエクステリアの素材から接着剤から補修材によって左右されますが、依頼する業者によっても大きく変動します。

壁塗り替えの外壁の改修は業者選びが大事です

壁の塗り替えをする際には業者をきちんと選ぶことが大切です。料金的にも、どこに依頼するかで数十万円単位で費用が変わってきます。 仕上がりについても、丁寧に仕上げてくれる誠実な職人さんもいれば、やっつけ仕事で終えてしまう業者もいます。 まずは、複数の業者に見積もりを依頼して、料金と対応を比較して絞り込みましょう複数の業者から見積もりをとるにはネットでできる全国対応の一括見積もりサービスが便利です。

壁を守ることは家を守ることにつながる

江戸時代など、昔の人は家を丁寧に直しながら暮らしていました。木と紙でできているなんて言われた日本の家屋ですが、家の不具合を大工さんが修理にきて直したり、改善しながら暮らしていました。鍋や釜ほか金属製の物の修理は”鋳掛(いかけ)“と呼ばれる職人さんが家々を修理に回っていました。下駄の歯入れの専門の職人さんも巡回していました。今のように使い捨てにせず、直してそれなりに気持ち良く使っていました。現代の人も家も修理したりリフォームなどをして、便利にしたり、気分を一新して気持ち良く暮らしています。壁塗り替えについても、建物の保護やイメージを変えて爽やかに暮らす効果があります

外壁が傷んだままにしておくと家も長持ちしませんし、断熱効果も、遮熱効果も、防水効果も、防火効果も悪くなり、気持ちの良い暮らしとは程遠くなります。

壁塗り替えをした後、塗りむらが見られることがあります。壁塗り替えは見た目や表面だけでなく壁の保護を目的としていますから、塗りむらは塗膜が薄いということなので、手直しを要求することをおススメします。また、外壁補修の業者さんによって、エアコンの配管カバーまで塗ってくれる業者さんと、そうでない業者さんとがあるようです。できれば、カバーを取り外して塗り替えをしてもらい、乾いてから取り付けることをおススメします。あるお宅では、エアコンの配管カバーまで塗ってくれたのは有難いのですが、カバーを取り外そうとしたら、塗料でくっついていて、配管カバーをバリバリ壊しながら撤去したそうです。

壁塗り替えと外壁補修を依頼する業者はこう選ぶ

外壁補修業者選びで失敗しないためには、まずは飛び込みで訪問販売してくる業者は疑ってかかってください。そして、即決は禁物です。もしも契約した後に疑問を感じたら、すぐにクーリングオフをしてください。業者に依頼するときは “複数の業者から見積を取る”ことが原則と思ってください。これにより、見積の金額がわかるだけでなく、相場がわかったり、見積書を通して業者の違いや業者の特徴が見えてきます。金額も大事ですが、質の良い業者を頼むことがさらに大事です。複数の業者から見積を取り、相性の良い業者を選ぶことをおススメします

複数の業者から見積を取るには、外壁補修の見積一括サイトを利用すると便利です。全国対応のサイトが多く、近くの業者からの見積がもらえます。見積が出されたら、料金、耐久性、信頼性などを比較しますが、額面だけでは得か損かわからないことも多いです。たとえ安い料金でも塗料が悪かったばかりに数年で塗りなおすようなら高くつきます。ちなみに、質の悪い業者は見積もりの内容と実際の作業があっていないことがあります。いわゆる“手抜き工事”ですが、それを避けるために質の良い業者を選ぶ必要がありますが、それを見分けるには素人にもわかりやすく作業内容を丁寧に話してくれるかがひとつの判断材料になります。

口約束はトラブルになりやすく、書面でしっかりやり取りをすることをおススメします。書面でのやり取りをしておくことで、業者側もいい加減な約束ができませんし、もし、トラブルがあった時解決が早いです。可能なら、実際にその業者さんが外壁塗の施工したお宅の話が聞けたらよいですね。腕に自信のある業者さんだったら、業者さんの方から、どこそこの家の外壁補修をやったと言うことが多いです。

室内の壁の塗り替えはDIYで十分

部屋の内装の雰囲気やインテリアをリメイクして住宅をオシャレに改装したいのであれば壁の色をペンキで塗り替えてしまうのも選択肢の一つです。DO IT YOURSELFを略したDIYや日曜大工で手軽に取り組めます。

ホームセンターでペンキとローラー、刷毛、マスキングテープを購入してきて軍手をすれば準備OKです。ペイントする壁面部分を掃除してペンキを塗布していきます。

賃貸物件でペンキを塗ることが出来ない方は、壁紙を変えることで格安で劇的にイメージを一新することが出来ます。最近は賃貸物件用の後を残さずに張り替えられる壁紙が多く販売されています。

悪徳業者に注意

壁塗り替えや外壁補修などを依頼する際にも、「悪徳業者に騙されるのが、不安」と感じている方も多いと思います。今では、様々な犯罪のニュースなども多いですから、悪徳業者に不安を感じている方も多いでしょう。

では、どのように悪徳業者を見抜くと良いのか、その方法をご紹介しましょう。まず、悪徳業者の手口としては、不安をあおりながら契約を進めてくる業者があります。「今すぐに対応しなければ、家が内側からダメになってしまいますよ」などといったセリフは、脅し文句ととらえた方が良いでしょう。信頼出来る業者では、こういったあおったような契約は行いませんから、こういった業者に当たってしまった場合には、すぐに断るようにしましょう。

また、「少しでも費用を抑えたい」という気持ちをついて、数十万円単位で割引などを行ってくる業者もあります。大幅な割引などを提案された場合には、「怪しい」と思った方が良いでしょう。そして、飛び込みで来る業者も注意が必要。「既に、他の業者に頼んでいる」としっかりと断るようにしましょう。

「悪徳業者では?」と思っても、断りきれない方が多いのも現状。おかしいと思った場合には、しっかりと断ることも大切。しつこく進めてくる業者の場合には、「家の人に相談するので」、「知り合いの業者があるので」としっかりと断るようにしましょう。ひどい対応があった場合には、警察に相談するのも一つの方法。納得出来ない契約は、しないことが基本となります。

見積り書でのチェックポイント

見積書でチェックする際には、どういった点をチェックしていけば良いのか、ご紹介しましょう。まず、依頼する際には、口約束などは信頼出来ませんので、全てに内容が書面に掲載されているかを確認することが必要。割引などの話をした際には、それらの内容もしっかりと記載された状態になっているか、確認するようにしましょう。

また、見積書の中には、補修工事以外にどういった費用が掲載されているか、確認してみることも大切ネット養生料金や足場代が含まれているか、洗浄費用は含まれているか、マスキング代などは含まれているか、確認してみましょう。「ここの業者は、ずいぶんと安いなぁ」と思い、その業者を利用してしまうと、精算の際に別途これらの料金が請求され、他よりも高い料金となってしまうこともあります。

見積書をもらった際には、業者に「これ以外に、何かかかる費用はありますか?」と再度確認しておくことも大切でしょう。中には、「今すぐ前払いをすることで、割引をしますよ」という業者もありますが、こういった業者は選ばない方が無難。一般的には、契約時や工事終了後の精算となりますから、こういった業者は注意した方が良いでしょう。

ページの先頭へ